•  

     

    水俣病歴史考証館

    Minamata Disease Museum

     

     

     

     

    水俣病歴史考証館は水俣病センター相思社に併設されています

    11月28日(日)は休館です

    来館される皆様へのお願い 新型コロナ対策

  • 人間のあり方を問い続ける水俣病

     
    水俣病多発地から丘を少し登ったところに水俣病歴史考証館があります。眼下には不知火海がゆったりとたたずんでいます。半世紀ほど 前、不知火海に面した漁村に得体の知れない病気が発生しました。病に冒された人々は近隣の人々のさげすみの目を避けるようにひっそりと暮らしていました。 なぜ、罪科のない人々が理不尽な苦しみを強いられなければならなかったのでしょうか。
     
    水俣病は、チッソ水俣工場がメチル水銀を含む排水を36年間にわたって水俣湾に流したため、不知火海沿岸で魚介類を食べ続けた人々に発生した大規模な有機水銀中毒事件です。 しかし水俣病事件は一企業の犯罪にはとどまりません。便利で豊かな生活を追い求めるという、ごく当たり前とされる行為が歴史の必然として産み落とした事件でした。水俣病患者は歴史の、人間の欲望の犠牲者だったのです。

    半世紀を経た今も人々は便利さ・豊かさという呪縛から解き放たれてはいません。水俣病事件は人間のあり方を根元的に問い続けています。水俣病事件の真実と意味を明らかにすることは人類の未来にとって重要な意味があります。 水俣病歴史考証館はそのために努力を続けています。

     

  • オンラインで来館しませんか?

    実施例や料金については、こちらのページからご確認ください。

  • 11月28日(日)は休館です

    2021年11月28日、団体様受け入れのため、臨時休館いたします。ご迷惑おかけいたしますが、ご理解賜りたくお願い申し上げます。

  • お問い合わせ・ご連絡先

    メール・電話・FAX

    メールはこちらにどうぞ

    mail: info@soshisha.org

    TEL: 0966-63-5800

    FAX: 0966-63-5808

    〒867-0034

    熊本県水俣市袋34番地