• Minamata Disease Museum

    水俣病歴史考証館

  • 人間のあり方を問い続ける水俣病

    水俣病多発地から丘を少し登ったところに水俣病歴史考証館があります。眼下には不知火海がゆったりとたたずんでいます。半世紀ほど 前、不知火海に面した漁村に得体の知れない病気が発生しました。病に冒された人々は近隣の人々のさげすみの目を避けるようにひっそりと暮らしていました。 なぜ、罪科のない人々が理不尽な苦しみを強いられなければならなかったのでしょうか。

     

    水俣病は、チッソ水俣工場がメチル水銀を含む排水を36年間にわたって水俣湾に流したため、不知火海沿岸で魚介類を食べ続けた人々に発生した大規模な有機水銀中毒事件です。 しかし水俣病事件は一企業の犯罪にはとどまりません。便利で豊かな生活を追い求めるという、ごく当たり前とされる行為が歴史の必然として産み落とした事件でした。水俣病患者は歴史の、人間の欲望の犠牲者だったのです。


    半世紀を経た今も人々は便利さ・豊かさという呪縛から解き放たれてはいません。水俣病事件は人間のあり方を根元的に問い続けています。水俣病事件の真実と意味を明らかにすることは人類の未来にとって重要な意味があります。 水俣病歴史考証館はそのために努力を続けています。

     

     

     

     

     

  • 水俣病歴史考証館

    水俣病歴史考証館は、水俣病事件を永く私たちの記憶にとどめ、水俣病の経験を出発点として社会のあり方を考えるために水俣病センター相思社によって1988年に設立されました。

    不知火海の自然と暮らし、水俣病の被害や患者の闘い、チッソ・行政による加害行為などを記録し展示しています。

    利用案内

    ■開館時間 午前9時~午後5時
    ■休館日 土曜日・年末年始(12/28~1/4)
    ■入館料 ※=20人以上の団体料金(税別)

    • 大人 500円(※400円)
    • 高校生 400円(※300円)
    • 小・中学生 300円(※200円)

    ■水俣市・芦北町・津奈木町・出水市・御所浦島・獅子島の方は入館無料です。

    ■団体の方には無料で説明を行っております(要申込)。有料で1時間~2時間の講義もしております(料金は内容に応じて応相談)

    ■まち案内とセットでご入館の場合は割引があります。(詳しくは相思社ホームページのまち案内のページをごらん下さい)

     

     

     

    一般財団法人 水俣病センター相思社

     

    1969(昭 和44)年に提訴された水俣病訴訟は1972年ころには原告患者側勝訴の見通しがつくようになってきました。しかし判決後のことを考えるようになってきた患者は地域の中で孤立するしかありませんでした。

     

    「地域の中でいかに生きるか」ということが患者たちの中で大きなものになっていました。また、若い患者、特に胎児性患者の将来が心配でもありました。そういった中で「患者・家族の拠り所」を作りたいという機運が生まれ「水俣病センター」構想に繋がっていきました。

     

    全国にカンパが呼びかけられ、3,300万円の寄付が寄せられました。
    そして、水俣病の多発地のすぐ近くの小高い丘に約1000坪の土地を買い求め、センターの建設に着手しました。

     

    1974(昭和49)年4月、水俣病センターは落成し、「相思社」(互いに思い合う)と名付けられ、活動を開始しました。

     

    水俣病歴史考証館は、もともと患者と共同作業をするためのキノコ工場でした。1988(昭和63)年、展示館に改造され「水俣病歴史考証館」として生まれ変わりました。 (詳しくは相思社ホームページを御覧ください。)

     

     

     

     

  • 水俣病歴史考証館に来るには

    水俣病センター相思社と同じ敷地にあります

    鹿児島空港から相思社までのルート

    飛行機を利用する場合

    鹿児島空港が最寄りの空港です(阿蘇熊本空港ではありません)

    ■ 鹿児島空港からはバスをご利用する場合。バスは2系統あります。

    1. 南国交通 水俣・大口・菱刈線時刻表(水俣駅まで行けるが本数が少ない)
    2. 南国交通 阿久根・出水・宮之城線時刻表(出水までだが本数が多い)

    ■自動車を利用する場合

    国道3号線を肥薩おれんじ鉄道水俣駅前から鹿児島方面へ5分ほど南下し、水俣病歴史考証館の道標にそって左折します。その後、道標沿って進んでください。Yahooによるルート案内

    水俣駅から徒歩で来る場合

    肥薩おれんじ鉄道・新幹線を利用する場合

    肥薩おれんじ鉄道は水俣駅で、新幹線は新水俣で下車してください

    ■ 新幹線で来る場合は、JR新水俣駅で下車してください。

    肥薩おれんじ鉄道水俣駅から

    • 徒歩で約1時間です。一般的なルートはこれ→Yahoo地図です。
    • タクシーは1000~1300円程度。
    • みなくるバス」(オレンジ色)は「陣原団地前」で下車してください。本数が少ないのでご注意。

    肥薩おれんじ鉄道出水駅から

    • 肥薩おれんじ鉄道で水俣駅までご乗車ください。最寄り駅は水俣駅です。袋駅ではありません。
    • 南国交通バス 水俣車庫行き 11系統・12系統 湯堂か出月下車徒歩約20分。
    Yahoo 自動車ルート検索

    自動車を利用する場合

    国道3号線を肥薩おれんじ鉄道水俣駅前から鹿児島方面へ5分ほど南下し、水俣病歴史考証館の道標にそって左折します。その後、道標沿って進んでください。

    Yahooによるルート案内

     

    相思社周辺は道が細いため、大型バスは通行できません(マイクロバスは通行できます)。大型バスでご来館の場合は途中で下車し10分ほど歩いていただくことになりますのでご了承下さい。(団体の方は事前にご相談ください。)

  • 館内ご案内の予約

    館内の見学は予約制ではありませんが、職員による案内をご希望される方はご予約下さい(追加料金無し)

  • お問い合わせ・ご連絡先

    メール・電話・FAX

    メールはこちらにどうぞ

    mail: info@soshisha.org

    TEL: 0966-63-5800

    FAX: 0966-63-5808

    〒867-0035

    熊本県水俣市袋34番地